中絶後のレボノルゲストレルの効果について

レボノルゲストレルは、避妊薬として使われている主成分であり主に緊急避妊薬として用いられている成分です。レボノルゲストレルは、コンドームの破損などの性交時の事故や避妊を行なわないで性交を行ったさいに妊娠を望まない場合に使用する緊急避妊薬として使用されます。
避妊薬の仕組みとしては、排卵を抑制し、また受精卵の着床や精子の子宮内への通過を阻害するといったものです。緊急避妊薬の場合には、これらの作用を短時間で行うものになりますが、妊娠のプロセルの都合上、24時間以内に服用すれば高い避妊成功率があるとされますが、それを過ぎると避妊成功率は低下します。基本的には緊急避妊薬は性交後72時間以内であれば効果があるとされますが、時間が過ぎれば過ぎるほど避妊成功率が低下します。
なお、同じ仕組みで避妊をする低用量ピルの場合には妊娠しにくい状態にするため、避妊成功率が高いというメリットがあり、また身体を慣らしていくので副作用が少ないメリットがあります。一方で緊急避妊薬は早期に効果を得るために効き目が強いため、副作用が出やすいリスクがあり、頭痛や吐き気などがあるとされます。これはホルモン環境が変化することで起こるためです。一方でレボノルゲストレルは継続的に服用することで身体が適応し、副作用が出にくくなるとも言われています。一方で重篤な副作用として血栓症を引き起こす可能性があります。
レボノルゲストレルは中絶後も避妊薬としての効果を得ることができますが、低用量ピルに比べて副作用のリスクが高いため中絶後直後の避妊薬としては処方されない傾向にあります。中絶後の避妊薬としては身体への負担が小さい低用量ピルを使われるのが一般的です。