緊急避妊薬はネットで買える!

避妊をしようとした時に、間違って失敗をしてしまったような場合にはそのままの状態で放置していると、したくない妊娠をしてしまう可能性があります。
そうした場合には緊急避妊薬という薬を使用することにより、避妊に失敗をした後の服用でも妊娠を回避することができます。
この緊急避妊薬はモーニングアフターピルとも呼ばれることがあります。
避妊に失敗をして緊急にこの薬を手に入れようとした場合でも、この薬は薬局などでは市販をされていません。
この薬を日本で手に入れるためには、医師の診断を受けて薬を処方してもらうことが必要になります。
そのような方法の他にも日本で緊急避妊薬を買える方法があります。
それはインターネットの通信販売で購入するという方法です。
インターネットで海外から注文することによって、医師の診断を受けなくても緊急避妊薬を手に入れることができます。
こうした薬を手に入れるためには個人輸入などの方法で海外から直接購入する方法があります。
また自分で個人輸入をする方法の他にも、輸入の代行をしてくれる会社のサービスを利用することによっても購入することが可能です。
万が一の時に備えて購入しておくというような買い方もできます。

緊急避妊ピル使用上の注意

緊急避妊ピルは、性交渉の際に避妊できず、妊娠する可能性が高い場合におこなわれます。
基本的に避妊は、性交渉の前か最中におこなうものですが、緊急避妊ピルに関しては、性交渉の後に避妊効果を得ることが可能です。

ただし、性交渉後72時間以内に限ります。
その間に服用することで、妊娠を回避することができるのです。
また、服用は1度だけではないので、それぞれの服用のタイミングを守ることも肝心です。

具体的には、まずは性交渉後の72時間以内に1回目を服用します。
そしてその12時間後に2回目を服用します。
さらに12時間後に、3回目を服用します。
服用する量は、それぞれ2錠ずつとなっています。

緊急避妊ピルの効果としては、まずは排卵が止まります。
排卵が止まれば、その段階で避妊は成功します。
もしも排卵が止まらなかった、あるいは既に排卵が起こってしまっていた場合には、それが受精卵となってしまうことを防ぎます。
受精卵にならなければ、やはり妊娠はしません。
もしも既に受精卵になってしまっていた場合には、それを子宮に着床させないようにします。
着床しなければ、妊娠には至らないのです。

緊急避妊の成功率は、正しく服用することで高くなります。
緊急避妊ピルには、使用上の注意を守ることが何よりも肝心なのです。