レボノルゲストレル含有の緊急避妊薬を摂取する時間

避妊薬というと、通常は性行為をする前に服用を続けることによって排卵しないようにして避妊をします。
つまり、性行為してから服用し始めるものでは無いです。
ただ、性行為をしていると予期せぬ事態で妊娠してしまう可能性もあります。
例えば、コンドームが破けていたり正しく装着できていない場合やレイプされたという場合などがあります。
そうした事態に服用する事によって妊娠する可能性を大幅に下げる事が出来るのが、緊急避妊薬やモーニングアフターピルと呼ばれる薬です。
緊急避妊薬は着床してから服用したのでは手遅れであるために時間との勝負となり、72時間以内に服用しなければならないです。
また、72時間以内であればいつ飲んでも同じという訳では無く、出来る限りは性行為が行われてから時間が経っていない内に服用をした方が避妊できる可能性が高いです。
それは2011年に日本で新しく承認されたレボノルゲストレルという黄体ホルモンが主成分となっている緊急避妊薬も同様です。
それでは従来の緊急避妊薬と比べて何が違うのかというと、レボノルゲストレルの避妊薬の場合は副作用が少なくて済むという点がメリットとして挙げられます。
従来の緊急避妊薬は副作用の影響でおう吐する場合も多かったのですが、服用してからすぐに嘔吐してしまうと薬を飲み直す必要が出てくる場合もあります。
しかし、レボノルゲストレルの避妊薬はそうした症状が起こりにくいために、飲み直す心配が少なくて済みます。
その他にも服用するタイミングが一度だけで済むという点がメリットとしてあります。
従来は72時間以内に薬を服用した後に、さらに12時間後にも薬を服用する必要がありました。
しかし、レボノルゲストレルの場合は12時間後に服用する必要が無くなっています。