レボノルゲストレルなどのピルは卵巣がん治療にも使用

レボノルゲストレルは、緊急避妊薬です。
緊急避妊薬とは、避妊を行わずに性交渉を行った場合、緊急で避妊をする為に使用するピルで、性交渉後72時間以内に使用すれば、約81パーセントの妊娠阻止率があると考えられています。
副作用としては、不正出血、頭痛、倦怠感などがありますが、重い副作用に悩まされることはほとんどありません。

避妊薬として現在主流となっているのは、低用量ピルですが、避妊だけではなく、月経困難症や生理不順、生理痛、子宮内膜症などの治療薬としても使用されています。また子宮体がん、卵巣がん、直腸がんを減少させる効果もあり、子宮体がんや卵巣がんは、ピルを飲まない人の発症よりも少なくなることがわかっています。食生活が欧米化し、日本でも子宮体がんや卵巣がんが増えてきているので、ピルは非常に有効といえます。

レボノルゲストレルのような避妊薬には、受精卵の着床を防ぐため一定時間内に服用すると、卵巣、卵管、子宮内膜に作用し、排卵や受精、着床のすべての課程で妊娠を阻止します。

日本でも最近では女性の避妊道具が一般的になってきました。中でもピル非常に多くの女性が使用しているものです。
ピルをしようする際には、安定性や効果の高さがポイントとなって選ばれていますが、特にレボノルゲストレルのような緊急避妊薬の安定性や効果の高さから、安心して使用できる理由となっています。
緊急避妊薬は、100パーセント妊娠を避けられるものではありません。また避妊に失敗した場合のみに使用し、常用する薬ではないので、間違えないようにしましょう。
緊急に避妊する必要がないように、安定性のある低用量ピルで日頃から避妊しておくことをおすすめします。