レボノルゲストレルで妊娠回避・オギノ式の避妊効果

レボノルゲストレルという成分が使われた、薬が存在します。レボノルゲストレルは黄体ホルモン剤として女性に使用されるもので、レボノルゲストレルはしばしば、緊急避妊薬として服用されます。緊急避妊薬の効果を発揮させるには、性行為の後の72時間以内に服用することで、妊娠を防ぐことが可能です。
しかし、その避妊効果は80%を少し上回る程度だとされており、正しく使用したコンドームの避妊確率よりも低い結果になります。よって、高い確率で避妊をしたいのであれば、緊急避妊薬に頼らない避妊法を実践するのが望ましいといえます。
昔から行われている避妊法として、オギノ式と呼ばれるものがあります。オギノ式とは計算式のことで、この計算式を利用することによって、妊娠しやすい日である排卵日を特定するというものです。よく避妊に関する、危険日という言葉がありますが、これは排卵日を指す言葉になります。しかし、オギノ式は避妊法ではなく、妊娠を望む人のために利用される計算式です。排卵日を避けたからといって、必ずしも避妊できるとは限りません。オギノ式は避妊法としては確率が低い方法だと、覚えておきましょう。
確実に避妊をしたいのなら、低用量ピルを用いるのが一番です。低用量ピルは女性が服用を続けることによって、100%に極めて近い避妊ができるという優れた薬です。低用量ピルは医療用医薬品ですので、一般の薬局やドラッグストアでは販売されていません。必ず、産婦人科や婦人科などの、医療機関に赴いて、医師の処方を受ける必要があります。
低用量ピルは保険適用外のため、費用が高くつくのがネックですが、望まない妊娠をすることによる手術の費用や、身体への負担を、抑えられるというメリットがあります。